2017年11月28日

追悼

先週、大先輩の六あんきが天国に行きました。
かつては海匠丸を操って凄腕漁師として漁業に貢献しました。また往年のサーファーであり飲み仲間でした。
ケンカしそうになったこともあるけど、助けられたことはそれ以上にあります。

その一つが、村で初めて作ったHPで何か目玉になるものはないかと試行錯誤し、行き着いたのが当時あまり無かったライブカメラでした。
関係者の努力で開発が成功し、地域ごとに特徴ある風景を流すべく考えたのが、新島(本村)が羽伏浦と湯の浜露天温泉、式根島が雅湯温泉の生中継でした。(今ほど肖像権がうるさくない頃です)
残ったのが若郷地区です。

特に目玉となる風景がなかったのですが、漁師村でもあるので海を!しかも「海中」を見れたら、これは間違いなく注目されると思い考えました。
ただ、当時は新しいことを始めると所謂「出る杭は打たれる」で、四面楚歌状態。
予算もないし、どうしようかと鳥勝で飲んで悩みを打ち明けたのが、シンシあんきと六あんき、そして若郷のじろうくんの3人の漁師達でした。

3人とも海中に固定するなら「こうしたほうがいい」とアドバイスをしてくれて、そしてだまって海中に設置する作業を漁を休んでボランティアでしてくれました。
その頃、ボンベを使えなかったので上から水中メガネで見ていましたが、その手際の良さに目を見張りました。
誰が何をやればいいのか!?作業中にお互いが理解してしまうんですね。

こうして世界初の海中ライブカメラが生まれました。

とうとう自分を救ってくれた3人の漁師はいなくなりました。
今頃は酒を飲み交わしているのでしょうね。
本当にありがとうございました。
恩は生涯忘れませんよ。

合掌

手先が器用だった六あんきの記事
http://yojibay-blog.sblo.jp/article/92942254.html

シンシあんき
shinshi.jpg


posted by yojibay at 12:10| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。